2018年05月02日

イタリア音楽と映画の魅力

 5月の連休となると海外に行きたいという気持ちがむくむくと頭を持ち上げる。イタリアは私のお気に入りの国だ。ミラノやローマのような大都市以外に、フィレンツェ、ベネチア、ボローニャ、シエナ、シラクーサ、など中小の都市がとても個性的で魅力的だ。友人のシエナ大学医学部耳鼻咽喉科教授、パサリ医師が学会を主催する毎にシエナや近郊のフィレンツェなどを訪れ、その魅力にはまってしまった。

 パサリ医師は「典型的なイタリア気質」で、楽天的であまり物事を深刻に考えない傾向があるようだ。シエナ大学で主催された彼の学会では大学の教室を使い、しかもマイクもスクリーンもなしで、大声で話し教室の壁にスライドを映写する始末。学会費用の節約なのか、発表できれば良いんだよ、というシンプル至極の考え方なのか、まあ両者の可能性が妥当だろう。学会の合間に大学附属病院を見学してまた驚いた。病院ロビーにバーがあり、そこではしっかりお酒(ワインやウイスキー)が置かれている。パサリ医師に患者もここで飲酒するのかと聞くと、何をおかしなことを聞くのかという顔をして、「当たり前だろう」との返事。イタリア人にとってお酒は病院のカフェでコーヒーを飲むのとほとんど変わりはないのかもしれない。

 しかしこのイタリア人気質というのは少しステレオタイプのようで、イタリア人にとって迷惑かもしれない。もう一人の友人で、ニューヨークのバッファロー小児病院の研究仲間であったロベルト・ガロファロ医師は少し違っていた。彼は研究者として「イタリア人気質」というような話題はあまり好きでないと良く言っていた。しかしミラノ出身の小児科医のロベルトは、とてつもなく社交的で、特に女性に対する社交性は私だけでなく家内にとっても驚きであった。私は病院の研究室で彼と同室だったが、毎朝ラボの女性がほとんど全員(年齢関わらず)、彼のところに挨拶にきてハグとキスをする姿は私にとって最初のカルチャーショックであった。女性は皆友達という考え方はやはり楽天的なのかもしれない。彼はサッカー王国イタリアで、幼少の頃からサッカーではなくテニスに熱中しプロのコーチの指導を受けた本格的なテニスプレーヤーだ。バッファローの街は緯度が高いため夏はとても長く、夕方の6時過ぎから9時近くまで戸外のテニスコートで一緒にプレーを楽しんだ。私にとって学生時代以後もっとも熱心にテニスを楽しんだ時期だ。彼は今はテキサス大学ガルベストン校の免疫アレルギー学の教授となっており、以前ほどテニスはできないと言っていた。

 イタリアびいきの私のお気に入りの音楽と映画を紹介しよう。休日に良く聴くジャズのなかでビル・エバンスとともに好きなのはイタリアを代表するジャズピアニストのジョバンニ・ミラバッシだ。叙情的でメロディックなアドリブは一度聴くととりこになる。ジャンルは異なるがもう一人好きなイタリア人音楽家はアンドレア・ボチェッリだ。彼は盲目の弁護士として活躍していたが、音楽的な才能を世界的なテノール歌手であるルチアーノ・パヴァロッティに見い出され、テノール歌手として世に出た異色の音楽家だ。彼はクラシックオペラだけでなく、歌唱法が全く異なるポピュラー音楽でもすばらしいビロードの声を楽しませてくれる。声楽専門家の中でも彼の歌唱のバリエーションの広さは極めて評価が高い。

 イタリア映画もまた魅力が一杯だ。古い映画では「道」がもっとも好きだ。比較的最近では「ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」「鑑定士と顔のない依頼人」などに加えて、「マレーナ」も第2次世界大戦時のシチリア、シラクーサを舞台にした映画で、お気に入りリストに入っている。早熟なレナート少年が不遇の女性、マレーナへ寄せる淡い想いをエンリオ・モリコーネの素晴らしい音楽にのせて、ノスタルジックに描いた名作である。

 写真:寄り道ヨーロッパ  

ドゥオーモ広場の夜(シラクーサ):映画「マレーナ」のなかで、主人公のマレーナが周囲の好奇の目にさらされて、このドゥオーモ広場を歩くシーンが印象的であった。

posted by Nobi Yamanaka at 11:36| Comment(0) | 日記