2018年07月22日

マイナス50℃の超低温庫の世界と顔の曲がった彫刻

まるでサウナの中にいるかのような猛暑の毎日が続いている。この週末にカメラを担いで家の外に出るとファインダーの景色が白くぼやけているではないか!まさにサウナか、と驚き、レンズをみると湯気でぬれている。これでは散策という気分にもなれない。すごすごとクーラーの効いた家に舞い戻った次第である。冷蔵庫にでも入りたい気分で、冬のカナダ診療記の続きを綴る。

カナダで外科レジデントとして臨床研修をしていたときに、北極圏への医療グループの一員として派遣された。私がこの診療班に加わったのは2月という極寒の季節で、カナダ人のレジデントたちも敬遠する時期であった。イヌービックという北極圏の中心の町に到着して、そこの病院でカナダインディアンの患者を診察後、町のレストランで食事するために外にでると、そこはまるで冷蔵庫の中に入ってしまったような冷気であった。相当な厚着で十分覚悟していたはずであったが、レストランに着くまでの10分のうちに、下半身は痺れて、外気に接している顔面は完全にこわばって口が開かないために会話も出来なくなってしまった。レストランに向かう道すがら道路の反対側をカナダインディアン風の男性がよろよろしながら歩いていたのを見つけた。この寒さの中を十分な防寒着を着ておらず大丈夫なのかなと、同行のカナダ人医師に問いただすと、彼らの多くがアルコール中毒で、この寒さをしのぐにはアルコールを飲まずにはいられないのか、政府からの援助金などはほとんどアルコールに費やしてしまうようだ。レストランのドアを開けると、気持ちの良い暖気と旨そうな料理の匂いが、寒さで痺れていた顔と鼻孔を緩め、だらしなくニヤニヤと天国にいる気分にしてくれた。ウエイターに外の気温が何度なのかと聞くと、ドアの外の気温計はマイナス50℃を指しているよ、と何でもないような顔で教えてくれた。正に超低温庫の世界であった。

 私が留学したエドモントン市はアルバータ州の州都で、50万近い人口を有する都市としてはもっとも北に位置する街である。絵画や彫刻が好きなので良くギャラリーにも出かけたが、あるギャラリーで不思議な彫刻を見つけた。イヌイット(いわゆる“エスキモー”)の顔の彫刻であり、作者はLeroy Henry 1995年とある。作者自身もイヌイットで、ややデフォルメしたシロクマやオオカミなどの彫刻が数多くあり、比較的名の知られた彫刻家のようだ。私が興味を引かれたのは、左側の顔が麻痺しているかのように曲がっており、医学的には顔面麻痺の彫刻だったからだ。なぜこのような顔を彫ったのか、ギャラリーの人にその由来を聞いてみたが誰も知らなかった。北極圏の診療でイヌイット達には、耳の病気(中耳炎やその進行した真珠腫性中耳炎など)が多いことを知り、エドモントンの研修病院で進行したイヌイット達の耳の手術を多数行った。中耳炎が進行すると側頭骨内を走行する顔面神経が障害され、顔面麻痺をおこすことが少なくない。作者の周囲にこのような顔面麻痺を発症したイヌイットが少なからずおり、その人たちをモデルに彫刻を作成したのではないかと推測している。この彫刻は今も私の部屋に鎮座しており、いつも極寒の地での鮮烈な経験を思い出させてくれる。

写真1:極寒のイヌービックの町

写真2:顔面麻痺の彫刻

posted by Nobi Yamanaka at 21:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: